院長挨拶このページを印刷

あなたにも私たちにも満足度の高い医療を提供します。 院長 大内 尉義

 虎の門病院は、国家公務員共済組合連合会の中核的医療施設として昭和33年に設立されました。以来、広く国家公務員以外の方々にも開かれた病院となっています。

 文化勲章を受けられた冲中重雄東大名誉教授の構想に従い、高度の専門診療を可能にする専門分化した診療体制、充実した検査体制、病棟医(レジデント)の24時間病棟常駐体制など、当時としては画期的に先進的な構想を具体化する形で虎ノ門に建設されました。以来、この開院の精神に則り、その時代時代の最新の設備を導入し、充実したスタッフのもとで医療、医学上の各分野で成果を上げるべく努力を重ねてまいりました。各専門診療科の協調でより集中的で高水準の治療環境を実現し、高度先進医療を担う病院として高い評価をいただいております。

 初代の大槻菊男院長による基本理念「医学への精進と貢献、病者への献身と奉仕を旨とし、その時代時代になしうる最良の医療を提供すること」は、今日も全職員の理念となっています。そして「あなたにも私たちにも満足度の高い医療を提供します」をモットーにあなたが納得できる良質で温かい医療を提供する、患者中心医療の充実に全力で日夜取り組んでいます。病気の治療は、医療を受ける側と医療を提供する側の共同作業で、相互の理解と信頼が一番大切だと私たちは考えています。私たちが誇りに思える最良の医療を、皆様に満足していただける形で真心こめて提供し、その成果をともに喜び合えることを、私たちは目指しています。

 虎の門病院は、高度先進医療を目指していますが、どなたでもご来院になれますし、どのような問題にも対応いたしますので気軽にご相談下さい。効果的に診療が進められるよう、可能なら、ぜひ紹介状をお持ちください。私たちは、あなたの“かかりつけ医”との連携を大切にしています。21世紀も皆さまのご期待に応えられる病院でありたいと職員一同精進してゆきます。