このページを印刷内分泌センター

理念

内分泌疾患の総合的診療を有機的に行います

小児から高齢者まで内科的治療から手術治療まで
あらゆる領域で充実したスタッフにより患者中心の医療を最高の水準で提供することをめざします。

組織概要

内分泌内科部門

竹内靖博部長

竹下章医長、宮川めぐみ医長

鈴木尚宜医員

小児内分泌部門

伊藤純子部長

耳鼻科・内分泌外科(甲状腺・副甲状腺)部門

渡辺健太医長

間脳下垂体外科部門

山田正三センター長(個人ホームページ

西岡宏医長

岡田満夫医員、福原紀章医員

対象疾患および病態

成長・思春期の異常 成長障害、ターナー症候群、思春期早発症、など
間脳下垂体疾患 下垂体腫瘍(クッシング病、先端巨大症、プロラクチン産生腫瘍など)、頭蓋咽頭腫 など
甲状腺疾患 バセドウ病、甲状腺機能低下症、慢性甲状腺炎(橋本病)、甲状腺腫瘍など
副腎疾患 アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫、副腎腫瘍、など
性腺機能異常  
副甲状腺疾患
(カルシウム代謝異常)
副甲状腺機能亢進症、副甲状腺機能低下症、高カルシウム血症、ビタミンD依存症、など
代謝性骨疾患 骨粗鬆症、くる病、骨軟化症、ファンコニ症候群、など
内分泌性高血圧症  
膵内分泌腫瘍 インスリン産生腫瘍、ガストリン産生腫瘍、など
その他  

各部門外来診療案内

一般の方々へ

内分泌疾患(ホルモンの病気)とは?

受診の方法
初診の場合には可能な限り、医師からの紹介状をご持参下さい。内分泌疾患で初診される患者さんはそれほど多くありませんので、初診専門の外来診療枠はありません。そのために、初診でおかかりの場合にはお待たせることもあり得ますが、どうかご容赦下さい。

セカンドオピニオンについて

その他の関連診療科
内分泌疾患では、産婦人科・泌尿器科・消化器外科などの診療が必要な場合もありますが、いずれの場合も院内の専門医と協力して診療にあたります。

当センターで実施している特に専門的な治療について(工事中)

当センターで実施している臨床治験および臨床試験について(工事中)

間脳下垂体疾患で通院中の皆様へ

医療従事者の方々へ

紹介方法について

患者さんのご都合により、外来診療案内にしたがって、各部門担当者のいずれかの外来日に紹介状持参で受診して頂くようにお願いいたします。

事前に休診の有無を必ずご確認下さい。

初診時の流れはこちらをご覧下さい。

病診連携について

当センターで実施している特殊な治療について(工事中)

当センターで実施している臨床治験および臨床試験について(工事中)

お問い合わせ
(一般の方々からのメールによるご相談はお受けしておりません)