このページを印刷内分泌センター

間脳下垂体疾患で通院中の皆様へ

間脳下垂体疾患の一部が難病認定され、該当者は医療費の支援を受ける事ができます。
下記の7疾患が対象となります(ただし、治癒している、あるいはこの疾患に対する治療を必要としない場合は通院していても対象とはなりません)。
居住地所轄の保健所の「特定疾患に対する医療費助成の申請」に係わる窓口にお問い合わせいただき、速やかに、医療費助成のための手続きをお取り下さい。

間脳下垂体機能障害

  1. PRL分泌異常症
  2. ゴナドトロピン分泌異常症
  3. ADH分泌異常症
  4. 下垂体性TSH分泌異常症
  5. クッシング病
  6. 先端巨大症
  7. 下垂体機能低下症

なお、実際の手続きにあたっては、様々な条件を満たすことが必要とされるものと予想されますので、ご自身は必ずしも医療費助成の対象とはならない可能性もありますことをご承知おき願います。

ホームページに具体的な手続きの手順などの情報が公開されておりますので、ご参照下さい。(3.5MB)


平成21年10月30日
虎の門病院 内分泌センター