腎センター内科このページを印刷

扱う疾患

内科領域では、さまざまな糸球体腎炎・ネフローゼ症候群などの腎疾患全般、高血圧・糖尿病・膠原病・アミロイドーシスなどの腎障害をきたしうる全身疾患、腎不全患者の血液透析療法・持続携行式腹膜透析療法(CAPD)、様々な合併症を有する腎不全患者の診療、さらに血漿交換療法・LDL吸着療法・白血球除去療法などの特殊体外循環療法などを行っています。また、SLE・関節リウマチをはじめとする膠原病の診療も行っています。
腎センターでは血液内科と協力して、原発性アミロイドーシスに対して、骨髄移植を併用した大量メルファラン療法などの積極的治療も行っており、良好な成績を残しています。
先天性のう胞腎の患者さんは次第に腎機能が低下するだけでなく、腎や肝ののう胞が次第に大きくなり日々の生活に支障をきたすこともあります。巨大になった腎のう胞や肝のう胞を、塞栓療法により内科的に縮小させる治療を主に分院で行っています。また、感染などの合併症を生じたのう胞腎の患者さんの診療も広く行っております。
主に外科医師によって行われる、腎移植・シャント作成手術・様々なシャントトラブルに対する対応・腎の腫瘍に対する手術治療・二次性副甲状腺機能亢進症に対する手術治療などを側面的にサポートしております。
循環器系や整形外科系などの様々な合併症を有する複雑な病態の透析患者さんに関しては主科と協力しながら診療を行っています。