睡眠呼吸器科このページを印刷

扱う疾患

モニター室個室環境でのご入院です

いびき、睡眠中の呼吸停止、昼間の強烈な眠気、集中力の低下などを主訴とする睡眠時無呼吸低呼吸症候群をはじめ、上気道抵抗症候群など睡眠時の主に呼吸関連疾患について精査・診療を行なっています。日中の過度な眠気については、原因が無呼吸によるものかどうかの検査は行いますが、無呼吸が原因でなかっ

た場合(ナルコレプシー、特発性過眠症、睡眠覚醒リズム障害、レム睡眠行動障害、小児の睡眠障害など)の治療継続は、他院をご紹介する場合があります。
ナルコレプシー、過眠症疑いの場合、MSLT(睡眠潜時反復測定法)を臨床生理検査部で行っています。