病理診断科このページを印刷

扱う疾患

虎の門病院(本院・分院)に通院・入院されている患者さんが診断のための生検・細胞診検査を受けて採取される検体や外科手術で切除された検体について病理診断を行っています。必要に応じて免疫学的検査(蛍光抗体法)・悪性腫瘍遺伝子検査・電子顕微鏡検査も行っています。病理診断科で取り扱う疾患は悪性腫瘍・感染症・自己免疫疾患・変性疾患など多岐に亘りますが、その結果は各診療科の主治医・担当医を通して患者さんに説明されます。

メッセージ

当院は日本病理学会認定施設、日本臨床細胞学会教育研修施設認定に指定されています。日本病理学会認定施設とは人体病理学を研修するのに適し、一定の規模と研究・教育環境を備える施設であり、日本病理学会が「認定施設認定審査細則」に定められた基準に基づいて認定しています。

診療スタッフ紹介

常勤医

藤井丈士部長

井下尚子医長

木脇圭一、吉本豊毅、伊藤慎治、佐藤順一朗、安永瑛一、星大輔

部長・医長紹介

部長 : 藤井 丈士 昭和62年卒

呼吸器・縦隔・感染症の病理、外科病理

  • 日本病理学会 病理専門医・指導医・学術評議員
  • 日本臨床細胞学会 細胞診専門医・学術評議員
  • 日本臨床検査医学会 臨床検査専門医
  • 国際細胞学会 認定細胞病理医FIAC

医長 : 井下 尚子 平成6年卒

病理診断学、特に下垂体腫瘍の病理、内分泌病理、泌尿器病理

  • 日本病理学会 専門医・指導医
  • 日本臨床細胞学会 細胞診専門医

診療体制

病理診断科ではセカンドオピニオンを含めて外来診療を行っておりません。

診療実績

2015年(1月~12月)の検査件数

検査  
細胞診断 13,501件/年
組織診断 16,484件/年
術中迅速診断 1,534件/年
電子顕微鏡検査 560件/年
免疫組織検査 4,251件/年
遺伝子検査 814件/年
病理解剖 51件/年