形成外科このページを印刷

扱う疾患

形成外科の治療対象として以下のような疾患があります。

先天性疾患

口唇裂・口蓋裂、先天性眼瞼下垂、鰓弓症候群などの顔面変形、耳介の異常(小耳症や副耳など)、四肢の異常(多指症、合指症など)、体幹の異常(でべそ、片側乳房低形成など)などで、形態的な異常のみならず、機能的な治療も行います。

外傷

いわゆるケガのほかに、やけどや顔面骨の骨折の治療も行います。また外傷後の傷跡やひきつれ、変形、ケロイドの治療も行います。

腫瘍の治療

ほくろなども含めて、体表および皮下、筋肉内などに発生した腫瘍の治療を行います。

組織欠損に対する再建

外傷や腫瘍の切除などで大きな組織欠損や変形が起こった後の再建も行っています。近年では乳癌症例の増加に伴い、乳房再建も多く行っています。

美容外科

いわゆる二重まぶたの形成や豊胸術、いれずみの除去などです。病院の性質上、美容外科全般の診療は行っておりませんので、当院で行わない治療については信頼できるクリニックをご紹介しています。

このほかにも、下肢静脈瘤、顔面神経麻痺、眼瞼下垂を含めたまぶたの治療、陥入爪、褥瘡(床ずれ)などの治療も積極的に行っています。
また近年では糖尿病や閉塞性動脈疾患による足の壊疽も増加しており、これら治療にも力をいれています。