循環器センター外科このページを印刷

扱う疾患

狭心症、心筋梗塞合併症などの虚血性心疾患、弁膜症、動脈瘤、閉塞性動脈硬化症に対する手術を行っています。 当科で手術の対象となる患者さんの特徴は心臓や血管の疾患を持つばかりではなく、ほかの病気を併せ持つ方の比率が高いことです。
当科ではそれらの患者さんに対して十分な術前の検査を行い、他科との連携のもと最も安全で効果的な治療法を提案します。