呼吸器センター外科このページを印刷

扱う疾患

原発性肺癌

I期、II期、一部のIII期の肺癌を手術で治療します。通常は肺葉切除術と系統的リンパ節郭清を行いますが、非常に早期であったり肺機能が不十分であったりすると、少し控えめに手術する区域切除術や部分切除術を行うこともあります。大血管、肋骨などに進展していなければ、通常は胸腔鏡手術で行えます。

転移性肺腫瘍

大腸癌、腎癌、乳癌、食道癌などさまざまな癌が肺に転移してきますが、元となる癌が治療されていて、肺以外の病変が存在しないか対処可能で、肺の病変をすべて切除できる場合には切除を行います。通常は胸腔鏡手術で行えます。

良性肺腫瘍

癌と紛らわしかったり、増大傾向があったりする場合に切除します。通常は胸腔鏡手術で行えます。

縦隔腫瘍、重症筋無力症

左右の肺に挟まれた場所にできる腫瘍を縦隔腫瘍と総称し、胸腺腫、胸腺癌、悪性リンパ腫、奇形腫、気管支嚢胞、心膜嚢胞、神経原性腫瘍などがあります。縦隔腫瘍は手術で治癒が得られる場合が多く、また重症筋無力症は治療の一部として手術を行うことがあります。肋骨、胸骨、大血管に進展していなければ通常は胸腔鏡手術で行えます。

肺感染症

感染が薬で治らなくて、病変が限局している場合には感染している部分の肺を切除することもあります。多くの場合、胸腔鏡手術で行えます。

自然気胸

肺が自然に破れて起こります。病変部を切除して比較的正常な部分で縫合し、再発予防のために更に周辺の肺を補強します。通常は胸腔鏡手術で行えます。

肺嚢胞、肺気腫

増大する肺嚢胞や呼吸困難を起こす肺気腫の中には手術で症状や呼吸機能の改善する場合があります。通常は胸腔鏡手術で行えます。

膿胸

肺の周りに感染し、膿がたまった状態です。膿を外に出してきれいにします。多くの場合は胸腔鏡手術で行えます。

多汗症

日常生活に不自由を生じさせるような手の多汗を治療します。内服薬で効果が得られない場合には手術による治療を行います。通常は胸腔鏡手術で行えます。