消化器外科(上部消化管)このページを印刷

特設サイトはこちら

メッセージ

消化器外科(上部消化管)では、食道癌、胃癌、食道アカラシア、食道裂孔ヘルニア、胃食道逆流症などを中心とした、上部消化管の悪性疾患、良性疾患に対する外科治療を主に担当します。食物を口から摂取することだけでなく、呼吸をすること、発声をすることとも深く関わった重要な分野です。

この分野では、経口内視鏡による治療、化学療法(抗癌剤治療)や放射線治療などの手術以外の治療も重要で、すべてを組み合わせて総合的に、そして個々の患者さんにあわせて個別的に治療を組み立ててゆかなければなりません。私たちは消化器内科、臨床腫瘍科、放射線科、耳鼻咽喉科、病理診断科などとも協力をしあって、これら疾患の治療に取り組んでいます。

胸腔鏡や腹腔鏡を使ったいわゆる鏡視下手術も積極的に導入し、食道癌・胃癌ともに半数を超える割合で鏡視下手術を実施しています。治癒が難しい段階の場合、症状改善やQOL向上を目指した治療にも、外科医として貢献できる点はないかと、いつも考えています。

診療スタッフ紹介

常勤医

上野正紀部長

春田周宇介医長

田中毅、大倉遊、古賀修平、浦邉雅之

部長・医長紹介

部長 : 上野 正紀 昭和63年卒

上部消化管外科、外科病理学、センチネルリンパ節、上部消化管内視鏡、食道癌鏡視下手術、外科栄養管理

  • 日本外科学会 外科専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会 消化器外科専門医・指導医・消化器がん外科治療認定医
  • 日本胸部外科学会 認定医
  • 日本消化器病学会 消化器病専門医
  • 日本食道学会 認定医・食道外科専門医
  • 日本消化器内視鏡学会 認定医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定取得者
  • 臨床研修指導医・プログラム責任者