心理部このページを印刷

案内

心理部では、当院の外来あるいは入院で治療中の方の心理検査及び心理療法的面接を行っています。

特色

心理検査は、知能・発達調査、投影法人格検査・質問紙法人格検査などを行っています。精神科、小児科などからの指示で、知能・発達検査、投影法人格検査・質問紙法人格検査を行うほか、認知症科、神経内科、脳神経外科などからの指示で認知症などが疑われる方の高次脳機能検査も行います。
心理療法的面接では、様々な精神的な悩みについての相談をお受けしています。従前から、癌患者の方や難病などで長期の療養を余儀なくされている方の心理的援助のための面接も行っております。また、休職中の勤労者の方への個人療法による復職支援にも力を入れております。
時折、お電話でカウンセリングだけを受けたいとの問い合わせをお受けすることがありますが、 当院で治療中の方を対象として主治医の指示のもとに、心理検査及び心理療法的面接を行っておりますので、心理部が単独でカウンセリングだけを行うことはありません。
なお、当院を受診されている方には、主治医に申し出ていただきやすいように専用の案内を内科受付、各病棟などに置いておりますので、御利用ください。

スタッフ紹介

大前晋部長の指導のもとで、11人の臨床心理士が業務にあたっております。

部長紹介

部長 : 大前 晋 平成7年卒

軽症うつ病およびその関連病態の診断・治療
インターフェロン治療における諸精神症状の診断・治療

  • 精神保健指定医
  • 日本精神神経学会 認定専門医
  • 日本精神病理・精神療法学会、日本精神医学史学会

メッセージ

実績

心理検査 年間約350件
心理面接 年間約5,000回(新ケース 年間約150人)