患者さんの権利と患者さんへのお願いこのページを印刷

患者さんの権利

「患者の権利に関するWMAリスボン宣言(世界医師会)」の精神のもとに患者さんの権利を十分守り最良の医療を提供することを旨とします。なお、リスボン宣言の要旨は以下の通りです。

  1. 患者さんには良質かつ適切な医療を公正に受ける権利があります:良質の医療を受ける権利
  2. 医師・病院を自由に選択し、また他の医師の意見を求める権利があります:選択の自由の権利・セカンドオピニオンを求める権利
  3. 十分な情報を得て、自分自身の医療、医学研究・教育への参加を自由に決定をする権利があります:自己決定の権利
  4. 意識のない場合、判断能力を欠く場合および未成年の場合には代行者に決定してもらう権利があります。緊急で連絡がとれない場合、事後に代行者が報告を受けることができます:代行者による権利
  5. 法律が認める場合や倫理原則に合致する場合は、医師は患者さんの意思に反する医療を例外的に行うことができます
  6. 自己の情報を知る権利がありますが、その情報が患者さん自身の生命・健康を著しく害する場合は除かれます。また情報を知らされない権利もあります:情報に対する権利
  7. 診療の過程で得られた個人情報の秘密が守られる権利があります:機密保持を得る権利
  8. 健康教育を受ける権利があります:健康教育を受ける権利
  9. いかなる状態にあっても人格が尊重され尊厳をもってその生涯を全うする権利があります:尊厳を得る権利

患者さんへのお願い

医師及び医療従事者とのより良い人間関係を築けるよう患者さんにも協力をお願いします。

  1. 自分自身の健康・生命を守る最高の担い手は患者さん自身です。その患者さんと共に私たちは医療を進めていることを御理解下さい
  2. 自分自身の健康に関する情報はできる限り正確にお伝え下さい
  3. 医療スタッフの説明が良く理解できない場合は納得できるまでお尋ね下さい。
    どうしても納得できない場合は他の病院・他の医師に意見を求めることをお勧めします
  4. 医療の安全性を保ち、他の患者さんの安静を損なわないように定められた規則をお守り下さい
  5. 医療の安全性を高めるための努力を最大限に行っていますが、あらゆる医療行為は本質的に不確実であり様々な危険を伴います。意図せざる結果が生じる可能性をご理解下さい
  6. 患者本位の医療の実現のため過剰な投薬や治療期間終了後の不必要な入院等を避けることにご協力頂くと共に医療の現状をご理解下さい
  7. 当院は臨床研修病院として卒後研修教育を担っております。厳重な監督の下に研修を行っておりますのでご理解・ご協力をお願いします
  8. 当院は医学生、看護学生及び医療技術学生等の臨床実習機関でもあります。それら実習生が厳重な監督の下に見学・実習・研修に伺う際には、ご理解とご協力をお願いします