消化器内科このページを印刷

扱う疾患

消化管全般に生ずる良性・悪性疾患の診療を行っています。
上部消化管では早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、胃・十二指腸潰瘍出血に対する内視鏡的止血術、ヘリコバクター・ピロリ除菌治療(三次除菌を含む)などを行っています。
下部消化管では早期大腸癌に対するESD、急性腸炎、腸閉塞、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)などの診療を行っています。