神経内科このページを印刷

扱う疾患

診療の対象としているのは以下のような病気です。

神経変性疾患

中枢神経の特定の神経細胞が変性することで症状を呈する病気です。
パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、アルツハイマー病、進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症、多系統萎縮症、脊髄小脳変性症などの病気があります。

免疫性神経疾患

病原体などから自己を守るための免疫というしくみが、何らかの原因で自分自身の脳や脊髄、末梢神経、神経筋接合部などを攻撃して障害を与える病気です。
多発性硬化症、重症筋無力症、ギラン・バレー症候群、フィッシャー症候群、慢性炎症性脱髄性多発神経炎などの病気があります。

筋疾患

筋肉そのものが障害を受ける病気です。
進行性筋ジストロフィーをはじめ、先天性筋ジストロフィー、肢体型筋ジストロフィー、筋強直性ジストロフィーなど様々な筋疾患があります。