リウマチ膠原病科このページを印刷

扱う疾患

リウマチ膠原病疾患全般について扱っております。
関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症、多発性筋炎/皮膚筋炎、混合性結合組織病、抗リン脂質抗体症候群、シェーグレン症候群、ウェゲナー肉芽腫・ANCA関連血管炎などの各種血管炎、リウマチ性多発筋痛症、成人スティル病、ベーチェット病、サルコイドーシス、家族性地中海熱、その他自己免疫疾患、骨粗鬆症、透析患者に伴う骨関節炎、骨軟化症など

メッセージ

関節痛、筋痛、こわばり、ドライアイ、ドライマウス、不明熱などがあり、関節リウマチやその他の自己免疫疾患が心配な方は、どんなことでもご相談下さい。人工透析を受けている方でも対応できます。

診療スタッフ紹介

常勤医

乳原善文部長澤直樹部長(腎センター内科部長)

諏訪部達也(腎センター内科)、山内真之(腎センター内科)、早見典子(腎センター内科)、住田圭一(腎センター内科)

常勤医(外科系)

弘田裕(整形外科部長)

喜多島出(整形外科医長)

リウマチ学会登録医

乳原善文

リウマチ学会認定医

乳原善文、星野純一、諏訪部達也

リウマチ学会評議員

乳原善文、星野純一

リウマチ学会指導医

乳原善文、星野純一

部長・医長紹介

部長 : 乳原 善文 昭和60年卒

ループス腎炎と全身性エリテマトーデスの診断と最新治療、関節リウマチの診断と最新治療、生物学的製剤の上手な使い方、腎障害のあるリウマチ膠原病(強皮症腎等)の診断と最新治療、二次性及び原発性アミロイドーシスの診断治療、骨粗鬆症や骨軟化症の診断と治療、腎炎の診断治療

  • 日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医
  • 日本腎臓学会 腎臓専門医・指導医・法人評議員
  • 日本透析医学会 透析専門医・指導医・評議員
  • 日本リウマチ学会 リウマチ専門医・指導医・評議員
  • 日本リウマチ財団 登録医
  • 日本骨形態計測学会 評議員

部長 : 澤 直樹 平成8年卒

バソプレッシンを用いた敗血症性ショックの管理、ALアミロイドーシス等血液疾患に合併する腎疾患、超音波パルスドップラー法を用いた腎疾患の診断、生物学的製剤の使い分け、腎臓・膠原病分野における医学教育、腎臓・リウマチ膠原病・体外循環療法一般

  • 日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医・指導医
  • 日本腎臓学会 腎臓専門医・指導医・評議員
  • 日本リウマチ学会 リウマチ専門医・指導医・評議員
  • 日本透析医学会 透析専門医・指導医

診療体制

当院は、日本リウマチ学会の教育施設に認定されており、リウマチ専門医、指導医による専門的な診療を行なっております。
関節リウマチは、様々な関節の腫れや痛みを来たし、放置すると関節が破壊されてしまう病気です。関節破壊の少ない早期に診断し、早期に治療を開始するのが基本です。また、関節リウマチなどの自己免疫疾患は、関節病変のみならず、心臓、肺、腎臓、消化管、神経などの全身臓器に合併症を来たします。関節炎の治療だけでなく、こうした合併症の検索、治療がとても重要です。当院には、十分な検査機器、診療体制が揃っております。当科医師は腎センター内科医師も兼任しており、腎疾患などの合併症についても、専門的な治療が行えます。整形外科、リハビリテーション科とも連携し、リウマチ性疾患に対する適切な治療やリハビリを行っています。
関節リウマチなどの膠原病に対しては、現在は使用できる薬剤が非常に豊富になり、従来の抗リウマチ薬では十分に効果がなくても、新しい薬剤を使うことで、痛みから解放され、関節破壊を抑えられた方が多くいらっしゃいます。特に、生物学的製剤は高価ではありますが、高い治療効果が見られます。しかし、新しい薬剤には、重篤な副作用もあり、常に副作用に注意しながら、投与する必要があります。我々は、十分な経験を元に、生物学的製剤や免疫抑制剤を含む積極的な治療を行なっております。

診療実績

外来患者数約1,000人/月、入院患者数65人/日、生物学的製剤使用は過去2年間に約300名、全身性エリテマトーデス診療中の患者は約200名、関節リウマチ患者は600名です。リウマチ患者での内科治療のみならず、手術が必要な患者や肺病変のある患者の対応ももう一つの特徴です。
透析中及び腎不全をお持ちのリウマチ膠原病の診療は他の施設にない特徴です。