麻酔科このページを印刷

扱う疾患

手術室での麻酔管理を受け持っています。
全身麻酔・硬膜外麻酔・脊椎麻酔・神経ブロックなどの方法を用いて手術中の患者さんの意識や痛みを取り除き、苦痛を感じないようにすると同時に麻酔・手術による患者さんの全身状態を管理して安全に手術が行われるようにしています。

メッセージ

当院の手術は、局所麻酔を除き、麻酔科が担当しています。手術中は一人の手術患者さんごとに一人の麻酔科医がついて状態を観察して管理しています。
様々な手術があり、患者さんごとに種々の背景疾患を抱えていらっしゃる場合もありますが、個々のケースごとにより安全で快適に手術を乗り切っていただけるよう、手術の前の検査結果や診察の結果を基に計画しています。入院後手術に先だって麻酔科医が術前診察に伺いますので、ご協力をお願いします。また,手術室の看護師も術前に訪問して,患者さんが安心して手術室にこられるように心がけていますので,不安なことやご要望など何でもご相談ください。

診療スタッフ紹介

常勤医

中村誠部長

辻真理子

部長・医長紹介

部長 : 中村 誠 平成11年卒

手術麻酔

  • 日本麻酔科学会 麻酔科指導医・麻酔科専門医

診療実績

2012年に行われた当院(分院)の手術のうちで、麻酔科医が関与した麻酔の実績を、日本麻酔科学会による麻酔方法別分類にしたがって記載したものを以下に記載します。

麻酔科医が関与した手術件数とその内訳(日本麻酔科学会麻酔法別集計)
総麻酔件数 536
全身麻酔(吸入麻酔) 187
全身麻酔(TIVA) 78
全身麻酔(吸入麻酔)+硬膜外麻酔・脊椎麻酔・伝達麻酔 108
全身麻酔(TIVA)+硬膜外麻酔・脊椎麻酔・伝達麻酔 24
脊髄くも膜下硬膜外併用麻酔(CSEA) 21
硬膜外麻酔 35
脊髄くも膜下麻酔 80
伝達麻酔 0
その他 3