リハビリテーション科このページを印刷

扱う疾患

回復期リハビリテーション病棟における入院リハビリテーションを担当しています。
「回復期リハビリテーション病棟」の保険の規定により、発症ないし手術日から2ヶ月以内に病状が安定して、リハビリに集中できる方が対象となります。急性発症から2ヵ月以内に入院していただき、集中的に回復期のリハビリテーションを行っています。
回復期リハビリテーションの主な対象者は、脳卒中などの急性発症の脳神経疾患、骨関節疾患の術後などで、機能障害(運動機能の障害や失語症など)を生じた患者さんです。急性期の治療(手術や薬剤による治療)が終わって病気の進行が停止しており、患者さん自身がリハビリテーションを行いたいという希望を持って、リハビリテーションに専念できる方が対象です。リハビリテーション科は、これらのうち脳神経系の疾患を扱っています。(骨関節疾患は整形外科が担当しています)

脳の病気

脳出血、脳梗塞などの血管障害、脳腫瘍の術後、頭部外傷、多発性硬化症の急性増悪など

脊髄の病気

脊髄梗塞などの血管障害、脊髄腫瘍術後、外傷など

末梢神経の病気

ギランバレー症候群など

骨格筋の病気