臨床研究の
最前線

このページを印刷

明日の医療につなげるために

当院は「医学への精進と貢献」の理念のもと、医療の現場である臨床と研究活動を車の両輪として取り組んでいます。また、当院は厚生労働省から認定された倫理審査委員会を設置する全国33病院のうちの1つであり、臨床研究は高い倫理性と科学性に基づいて行われています。

臨床研究とは

臨床研究とは、病気の原因や病態の解明、病気の診断・治療・予防方法の改善、患者さんの生活の質(QOL)の向上を目的として、人を対象として行われる医学研究です。臨床研究は内容の違いから、大きく「介入研究(臨床試験)」と「観察研究」の2つに分けられ、介入研究の中でも特に新薬開発のために行われるものを「治験」と呼んでいます。

臨床研究

  • 観察研究Observational Study
    研究者の積極的な介入を伴わず、対象者の日常的な行動を調査したり、検査データや血液サンプルの提供などをお願いしたりするもの。
  • 介入研究(臨床試験) Intervention Study
    予防、診断、治療法等の介入の有効性や安全性を評価するために行われる研究。
  • 治験
    臨床試験のうち、新しい薬が政府の承認を得て一般の診療で使えるように、客観的なデータを集める目的で、通常の診療を超えて研究目的で行われる、または介入の有無を意図的に割り付けた研究 。

虎の門病院を支える臨床研究

充実した施設で行う
幅広い分野の研究

当院は医療レベルの向上のためには臨床研究が不可欠であるとの考えに基づき、研究部門として「治験センター」と「臨床研究センター」を設け、活発な研究活動を行っています。また、関連施設として、基礎研究活動を行う「公益財団法人 冲中記念成人病研究所」も当院の敷地内にあり、密接な協力関係のもとで活動しています。このように本格的に臨床研究を実践できる環境は一般の病院では得がたく、当院ならではの強みといってよいでしょう。
「臨床研究センター」では当院が単独で行う研究だけでなく、地域や専門分野ごとに複数の病院で取り組む共同研究も盛んです。また、虎の門病院もその一員である国家公務員共済組合連合会(KKR)病院グループが主催する「共済医学会」にも参加し、毎回すべての職種・分野から多くの研究成果を発表しています。

臨床研究支援室 室長 星野純一

一日でも早く患者さんに
最適な医療を届けたい

基幹病院であり、本院37科、分院21科をもつ当院は、細分化されたそれぞれの分野において臨床データが非常に豊富です。それをまとめることで新しい医療が生まれ、それを当院の患者さんはもとより、広く国民に還元することができると考えます。研究のための研究ではなく、あくまでも患者さんによりよい治療を届けるための研究です。
近年の医学の進歩・発展はめざましく、遺伝子レベルまで掘り下げて一人ひとりに合った治療法や予防法が検討される時代になっています。その中で、より高い医療水準を支える臨床研究・基礎研究の重要性がいっそう高まることは、疑う余地がありません。医学への精進と貢献を謳った当院の理念に添い、これまでに培われた研究実績の上に立って、科学的に有効性が証明された新しい医薬品や治療法が一日でも早く患者さんのもとに届くように日々努力を重ねてまいります。

臨床研究支援室 室長 星野純一

実績

著者が虎の門病院職員の
英語論文数(PubMed*)

著者が虎の門病院職員の英語論文数

*PubMed:米国国立医学図書館(NLM)が作成している国際的な論文データベース

PAGE TOP