乳腺・内分泌外科

このページを印刷

メッセージ

乳がんの治療は専門化・細分化し、沢山の情報にあふれる時代となりました。

当科では主治医と患者さんが

  • どのような病状なのか
  • どのような治療法があるのか
  • 患者さんが今後一番に大切にしていきたいこと

を共有し、治療を乗り越えた先も患者さんらしく自信を持って生活していくために、納得のいく治療方針・手術方法を選んでいけるよう努めています。

「時代時代になしうる最良の医療の提供」という当院の基本理念に基づき、具体的には新薬の治験(企業治験、医師主導治験)、臨床試験への参加、インプラント・筋皮弁・そして遊離皮弁を用いた乳房再建手術、遺伝性乳がん卵巣がん症候群への対応、腫瘍の遺伝子検査の実施、薬物療法に際しての妊よう性の温存(受精卵凍結、卵子凍結など)などを行っています。そのために病理診断科・放射線科・臨床腫瘍科・形成外科・産婦人科など幅広い専門分野と連携をとり、あらゆる先進的な医療に対応できる環境を作っています。

また患者さんの不安を解消できるよう、看護師、薬剤師、クラーク、ドクターエイド、がん相談窓口や医療連携部など多くの部門が専門性を生かし、主治医だけでは足りないところを補うべく様々な形のサポート体制を作っています。

扱う疾患

当科で扱う疾患は、主に乳がん、甲状腺・副甲状腺疾患です。
乳がんや甲状腺がんの悪性疾患だけでなく、乳房葉状腫瘍や甲状腺腫瘍などの良性疾患の手術、副甲状腺種に対する手術も行っています。

当科の特徴

  • 外来の診療室に超音波検査機器があり、当日の画像診断が可能です。
  • がんが疑われる方でお時間を頂けるようであれば、可能な限り当日もしくは近日中に超音波ガイド下組織診断を行っています。
  • 初診からがんの診断まで1~2週間、初診から手術までは平均1.0~1.5ヶ月となっております。
  • 乳がんで適応のある方には、形成外科と連携し乳房再建(同時再建)が標準的に提供可能となっています。
    • 乳がんの薬物治療に関しては臨床腫瘍科と連携をとり行っています。
    • 産婦人科リプロダクションチームと連携をとり適応を検討のうえ、将来の妊娠出産を希望される方の胚凍結・卵子凍結に力を入れています。
    • 外来看護師による各種オリエンテーションの充実により、外来からがん治療に伴う不安の解消に努めています。
    • 術後内分泌治療や経過観察などに際しなかなかお時間が取れない方にお勧めの乳腺クリニックをご紹介しています。同じく病院の役割分担も重要と考えており、良性疾患の経過観察や検診に関しても積極的にご紹介しています。
    • 家族性乳がん卵巣がんが疑われる乳がん患者さんには遺伝カウンセリングを行い、BRCA遺伝子変異検査を行うことができます。

診療体制

部長2名と医員2名に加え、前部長である中澤先生に非常勤で加わって頂き、5名の乳腺専門医で外来診療を行っています。スタッフ4人と後期研修医・卒後研修医と共に平均7件/週の手術を行っています。薬物治療に関しては臨床腫瘍科とカンファランスを行い、乳がんの診断から術後治療という一連の治療を円滑に安全に行うことに努めています。

PAGE TOP