循環器センター内科このページを印刷

扱う疾患

虚血性心疾患

典型的な狭心症は、運動時や階段歩行などで胸部の痛みや圧迫感などの症状を呈しますが、高齢化に伴い軽度の息切れや無症状のまま冠動脈病変が進行していることも少なくありません。リスクの高い方は、運動負荷心電図や心臓シンチグラムなどの負担の少ない検査を行い、必要に応じて冠動脈造影検査を行っています。また、冠動脈造影CTでの診断も数多く行っており、虚血性心疾患と診断された方には、適切に薬物療法、カテーテル治療、バイパス手術等を行います。
一方、不安定狭心症(最近新たに出現した胸痛や安静時の胸痛など)や急性心筋梗塞は急激な胸痛や心窩部痛が出現し、生命の危険もあるため一刻を争う事態です。24時間体制で対応しており、緊急でカテーテル治療を行います。

冠動脈リスクファクターのコントロール

高血圧、糖尿病、高コレステロール血症、肥満、喫煙などの薬物療法、生活指導などを行います。

心不全

労作時の息切れ、呼吸困難、むくみなどが代表的です。薬物による治療に加えて必要に応じて両心室同時ペーシング治療(CRT-D)も行っています。心不全に睡眠時無呼吸の合併が多く、その治療も行っています。また低温サウナ療法(和温療法)も行っています。

不整脈

大きく分けて脈が速くなる頻脈性不整脈、逆に遅くなる徐脈性不整脈があります。頻脈性不整脈は突然の動悸など伴います。治療としては薬物治療とカテーテルアブレーションなどの非薬物治療があります。EnSite、CARTOというコンピュータ三次元解析装置を用いカテーテルアブレーションを行っています。心房細動では放置すると脳梗塞を起こすことがありますので、予防としてワルファリン、その他の新規抗凝固薬の内服を行います。 根治を望まれる患者さんには最新のクライオアブレーションも導入しております。突然死の危険の高い不整脈の方には植え込み型の除細動器の手術を行います。

一方、徐脈性不整脈の代表は完全房室ブロック、洞不全症候群などで、脈が極度に遅くなったり、数秒以上心臓が止まったりするために、めまい、失神、息切れなどの症状を呈します。ホルター心電図や電気生理学的検査を行ってペースメーカーの植え込みが必要かどうかを慎重に評価します。

大動脈疾患

大動脈瘤、急性大動脈解離などありますが、適切に診断して治療を外科とも連携して行います。

肺塞栓 下肢静脈血栓症

適切に診断して治療を行います。

下肢閉塞性動脈硬化症

画像診断を行い必要な症例には血管内治療や手術などの治療を積極的に行っています。