内分泌代謝科(糖尿病・代謝部門)このページを印刷

扱う疾患

代謝部門が担当する病気には糖尿病、脂質異常症(高コレステロール血症、高中性脂肪血症)、高尿酸血症(痛風)、ホルモン異常による疾患(低血糖症、その他)などがあります。

糖尿病

糖尿病治療の目的は、糖尿病の血管合併症の発症、進展を防止して、日常生活の質の維持と健康寿命を確保することです。
このためには、血糖値を良いレベルにコントロールする必要があります。
日本糖尿病学会が示す評価基準は【表1】のとおりです。

【表1】血糖コントロール目標
血糖値と同時に、血圧、脂質のコントールも重要です。

高脂血症(脂質異常症)

脂質異常症治療の目的は、動脈硬化の発症、進展を防止して、虚血性心疾患や脳卒中を予防し、健康寿命を確保することです。
2012年に改訂された日本動脈硬化学会の指針では、LDL−コレステロール(悪玉コレステロール)を中心として【表2】のように、脂質異常を判定します。

【表2】脂質異常症:スクリーニングのための診断基準(空腹時採血)

また、冠動脈疾患の有無で一次予防と二次予防に区別し、さらに一次予防を絶対リスクに基づいてカテゴリーI、II、IIIに三分類しています。どの分類に入るかによって、目標とする脂質値が異なります。

LDLコレステロール管理目標設定のためのフローチャート・リスク区分別脂質管理目標値

痛風

高尿酸血症は、尿酸値が7.0mg/dlを超える状態です。
治療の方針の基本は、【図4】のようになります。
【図4】日本痛風・核酸代謝学会、高尿酸血症・痛風の治療ガイドラインから引用