腎センター内科このページを印刷

メッセージ

港区の本院と川崎市の分院の両院の腎センターは一団となり、内科と外科が緊密な連携をとりながら総合的な診療を行っています。単に各種疾患の診断と治療を行うのみでなく、栄養士による食事療法、作業療法士によるリハビリテーションなども重視し、全人的集約的治療に主眼をおいた診療を日々行っております。

診療スタッフ紹介

常勤医

高市憲明副院長(兼部長)乳原善文部長澤直樹部長星野純一部長

諏訪部達也、山内真之、長谷川詠子、田中希穗、早見典子、
平松里佳子、住田圭一、川田真宏、関根章成、小澤祐子

非常勤医

横田雅史、原茂子、冨川伸二、今福礼

部長・医長紹介

副院長(兼部長) : 高市 憲明 昭和55年卒

内科学一般、腎臓病学一般、透析療法およびその他の体外循環療法、腎臓疾患を有する患者の総合的診療

  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本腎臓学会 腎臓専門医・指導医・評議員
  • 日本透析医学会 透析専門医・指導医

部長 : 乳原 善文 昭和60年卒

多発性嚢胞腎に対する治療、透析治療に伴う骨病変の管理と治療、透析合併症及び困難症の治療、IgA腎症を中心とした慢性腎炎ネフローゼ症候群やリウマチ膠原病(腎障害合併症例を中心に)に対する診断治療、ループス腎炎を伴う全身性エリテマトーデス

  • 日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医
  • 日本腎臓学会 腎臓専門医・指導医・法人評議員
  • 日本透析医学会 透析専門医・指導医・評議員
  • 日本リウマチ学会 リウマチ専門医・指導医・評議員
  • 日本リウマチ財団 登録医
  • 日本骨形態計測学会 評議員

部長 : 澤 直樹 平成8年卒

バソプレッシンを用いた敗血症性ショックの管理、ALアミロイドーシス等血液疾患に合併する腎疾患、超音波パルスドップラー法を用いた腎疾患の診断、生物学的製剤の使い分け、腎臓・膠原病分野における医学教育、腎臓・リウマチ膠原病・体外循環療法一般

  • 日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医・指導医
  • 日本腎臓学会 腎臓専門医・指導医・評議員
  • 日本リウマチ学会 リウマチ専門医・指導医・評議員
  • 日本透析医学会 透析専門医・指導医

部長 : 星野 純一 平成9年卒

腎臓病全般、透析療法、透析合併症の管理、膠原病・リウマチ全般、多発性嚢胞腎、アミロイドーシス、臨床疫学

  • 日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医・指導医
  • 日本腎臓学会 腎臓専門医・指導医・評議員
  • 日本透析医学会 専門医・指導医
  • 日本リウマチ学会 専門医・指導医・評議員
  • 日本脈管学会 脈管専門医
  • 日本下肢救済・足病学会 評議員
  • 日本腎臓リハビリテーション学会評議員