乳腺・内分泌外科このページを印刷

特設サイトはこちら

メッセージ

乳がんの治療は専門化・細分化し、沢山の情報にあふれる時代となりました。
当科では主治医と患者さんが
①どのような病状なのか
②どのような治療法があるのか
③患者さんが今後一番に大切にしていきたいこと
を共有し、治療を乗り越えた先も患者さんらしく自信を持って生活していくために、
納得のいく治療方針・手術方法を選んでいけるよう努めています。

「時代時代になしうる最良の医療の提供」という当院の基本理念に基づき、具体的には新薬の治験(企業治験、医師主導治験)、臨床試験への参加、インプラント・筋皮弁・そして遊離皮弁を用いた乳房再建手術、遺伝性乳がん卵巣がん症候群への対応、腫瘍の遺伝子検査の実施、薬物療法に際しての妊よう性の温存(受精卵凍結、卵子凍結など)などを行っています。そのために病理診断科・放射線科・臨床腫瘍科・形成外科・産婦人科など幅広い専門分野と連携をとり、あらゆる先進的な医療に対応できる環境を作っています。

また患者さんの不安を解消できるよう、看護師、薬剤師、クラーク、ドクターエイド、がん相談窓口や医療連携部など多くの部門が専門性を生かし、主治医だけでは足りないところを補うべく様々な形のサポート体制を作っています。

診療スタッフ紹介

常勤医

川端英孝部長

田村(波田野)宜子医長

小倉拓也、小林蓉子

非常勤医

中澤英樹、三浦大周、門脇正美、田中希世

部長・医長紹介

部長 : 川端 英孝 昭和63年卒

乳癌の診断と治療が専門で、これまで約2,800名の乳癌患者さんの手術・治療を担当しております。

  • 日本外科学会 外科専門医・指導医
  • 日本乳癌学会 乳腺専門医・指導医、評議員、倫理委員会委員、研究倫理審査小委員会委員長、国際委員会委員、地方創成委員会関東地区委員長
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 検診マンモグラフィー読影認定医師(AS評価)

医長 : 田村(波田野) 宜子 平成15年卒

乳癌診療が専門で、診断から手術・薬物療法・放射線治療など乳癌に対する治療方針を検討し、手術・薬物治療を担当しています。分かりやすい説明を心がけています。若年乳癌患者さんの将来の妊娠・出産についての相談なども受けています。

  • 日本外科学会 外科専門医
  • 日本乳癌学会 乳腺専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 乳房再建エキスパンダー責任医師
  • マンモグラフィ精度管理中央委員会読影認定医(AS評価)
  • 厚生労働省 緩和ケア研修会終了
  • 厚生労働省 指導医講習会終了
  • 米国臨床腫瘍学会(American Society of Clinical Oncology)
  • 米国腫瘍外科学会(Society of Surgical Oncology)