このページを印刷脳神経血管内治療科

メッセージ

脳血管内治療とは、カテーテルとよばれる細い管を使い、脳動脈瘤、頚動脈狭窄、脳動静脈奇形、硬膜動静脈瘻などの脳や脊髄の血管疾患を、切らずに治す新しい治療法です。一般的に、通常の開頭治療や外科治療と比較し開頭や切開が不要であるため、患者の負担が少ない安全性の高い治療です。そのため脳血管内治療は心臓や末梢血管の血管内治療と同様に、年々治療症例数が増加しています。しかし脳血管内治療には多くの特殊な機器と特別な技術が必要であり、どの施設でもどの医師でも安全に治療ができるわけではありません。また当然治療に伴う危険性もあります。
私たちは治療の適応(治療するべきかどうか)と方法(薬か外科治療か、それとも血管内治療か)の検討が最も重要であると考えています。一般的に、その疾患による症状がすでにある場合は積極的な治療が必要になりますが、偶然に発見され全く症状がない場合、治療すべきかどうかは十分な検討が必要です。私たち医師は患者を治したい、できれば自分で治したいと強く思います。しかしそれが最善の方法とは限りません。現在脳および脊髄の血管疾患に対しては、経過観察(禁煙や生活習慣を改善し経過を診る)、内科治療(薬による治療)、外科治療(手術による治療)、放射線治療(ガンマナイフなどによる治療)、そして血管内治療があります。その疾患の自然経過(何も治療しないとどれくらいの確率でどのようなことがおこるのか)と治療効果(どれくらいの危険でどのような効果があるのか)を考え、効果が危険性より多い最善の方法を選択すべきだと思います。
私たちの外来には、脳ドックや頭痛の検査で発見された未破裂脳動脈瘤の方が不安な気持ちを抱え来院されますが、破裂が切迫していることはほとんど無く、また多くの方は治療の必要はありません。「頭の中に爆弾が…..」と考える必要は全くないのです。他院で治療を勧められた場合でも、もう一度考え直した方がよいこともしばしばあります。ゆっくり時間をかけて、治療すべきかどうか、どの方法がよいか一緒に考えましょう。

診療スタッフ紹介

常勤医

鶴田和太郎部長

細尾久幸、石神大一郎

非常勤医

松丸祐司

当科は2002年に脳血管内治療を専門に行う診療科として創設されました。
現在3名から5名の脳外科医と脳卒中内科医が診療にあたっています。

部長・医長紹介

部長 : 鶴田 和太郎 平成10年卒

脳血管障害、脳血管内治療

  • 日本心血管脳卒中学会 評議員
  • 脳神経血管内治療誌JNET 査読委員
  • 日本脳神経外科学会
  • 日本脳神経血管内治療学会
  • 日本脳卒中学会
  • 日本脳卒中の外科学会
  • 神経放射線学会 World Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology(WFITN)
  • 脳神経外科 専門医
  • 脳神経血管内治療 指導医
  • 脳卒中 専門医