臨床腫瘍科

このページを印刷

メッセージ

がんに対する積極的治療には、手術、放射線治療、および、薬物療法があり、それぞれ、「外科」「放射線科」「腫瘍内科」が担当するのが理想です。がんの薬物療法は、日々進歩し、治療法の選択肢や副作用のコントロールも複雑になっていますので、それを専門に扱う「腫瘍内科」の必要性が高まっていますが、日本では、まだ十分には普及していないというのが実情です。

虎の門病院臨床腫瘍科(腫瘍内科)は、以下の4つの目標を掲げ、日本における「腫瘍内科」のモデルとなれるよう、様々な取り組みをしています。

理念

「この時代になしうる最良のがん医療を提供する」

診療

「各診療科と密接に連携して高度なチーム医療を行う」

教育

「真のオンコロジスト(がん医療専門家)を育成する」

研究

「質の高い臨床研究で世界にエビデンスを発信する」

診療面では、関連する診療科(乳腺・内分泌外科、消化器外科、泌尿器科など)と密接に連携しながら、一人ひとりの患者さんにとって最適な医療を提供します。また、がんという病気を抱えながらも、「希望」「安心」「幸せ」を感じられるように、患者さんの想いや価値観を重視する、「人間性に基づく医療(Human-Based Medicine; HBM)」を実践します。
教育面では、今はまだ少ない「腫瘍内科医」を育成することで、日本全体のがん医療の質の向上を目指します。
研究面では、臨床試験や新薬開発に積極的に取り組み、がん医療の発展に貢献します。

扱う疾患

様々な悪性腫瘍(がん)に対する薬物療法と緩和ケアを担当します。
悪性腫瘍であれば、どんな疾患も担当しますが、現在、主に扱っているのは、乳がん、大腸がん、胃がん、食道がん、腎がん、膀胱がん、前立腺がん、胆道がん、膵臓がん、肺がん、卵巣がん、子宮頸がん、子宮体がん、頭頸部がん、甲状腺がん、骨軟部腫瘍(肉腫)、胚細胞腫瘍、原発不明がんなどです。
発生頻度の少ない稀な悪性腫瘍、診断がはっきりしない腫瘍、複数の悪性腫瘍が同時に発生した場合など、対応が難しい疾患についても積極的に取り組んでいます。

診療体制

臨床腫瘍科は、様々な悪性腫瘍(がん)の薬物療法と緩和ケアを担当する科です。薬物療法を専門に扱う「腫瘍内科部門」と、緩和ケアを専門に扱う「がんサポートチーム」からなっています。
腫瘍内科部門は、2010年4月に本格的に稼働し、現在、部長以下4名で診療に当たっています。
科学的根拠(エビデンス)と患者さんの価値観・個別性に基づいて、患者さんとじっくり話し合った上で、適切な治療方針を決定し、がん薬物療法(抗がん剤治療、分子標的治療など)を確実かつ安全に施行します。関連する診療科と密接に連携をとりながら、個々の患者さんにとって最適ながん医療をコーディネートする役割も担います。がん薬物療法は、外来で行うことが多くなっていますが、外来治療は、専門スタッフが常駐する「外来化学療法室」で対応します。

PAGE TOP