消化器内科(肝・胆・膵)

このページを印刷

メッセージ

私たちは、診断・治療において満足度の高い十分なサービス“奉仕”を心がけています。当院のモットーである「自分の親兄弟を安心してまかせられる病院」を目指し、日々診療に励んでおります。

扱う疾患

左:早期胆嚢癌のEUS像、右:総胆管結石の内視鏡的採石
左:早期胆嚢癌のEUS像、右:総胆管結石の内視鏡的採石

おなかの病気のうち、おもに胆嚢・胆管、膵臓、および肝臓(一部)の病気を扱っています。具体的な病気の名称としては、以下のようなものがあります。なお、おなかの痛みやしこり、黄疸などで、急を要する場合や急いで入院をご希望される場合は、とりあえず私どもの科に入院していただくことも可能です。

胆道の病気

胆石・総胆管結石、胆嚢ポリープ、急性胆嚢炎、胆嚢癌、閉塞性黄疸、胆管癌など

膵臓の病気

急性膵炎、慢性膵炎、自己免疫性膵炎、膵嚢胞、膵臓癌など

肝臓の病気

肝臓癌(胆管細胞癌など)、原発性硬化性胆管炎など

診療体制

私たちの科は、部長以下6名の専門医が一丸となって、患者さんの立場に立った診療を心がけ、安全で的確な医療を提供できるよう日々診療にあたっています。科の特色としては以下のような点があげられます。

心暖まる的確な医療

病気の説明、治療方針をよくお話しし、皆様に納得していただける医療をめざしています。皆様との心の触れあいを大切にしています。

専門と総合の調和

臓器の専門医である前に、全身的に病気を診ることができる総合的な内科医であることを忘れずに診療にあたっています。

画像診断

特に患者さんにとって痛くない、つらくない“超音波検査(エコー診断)”を中心に、CT検査やMRI検査などを組み合わせ、ハイレベルの画像診断を心がけています。特に腹部の超音波検査は学会認定の超音波指導医および専門医、学会認定超音波検査士が中心となって行われ、数、質とも全国のトップレベルです。

高度な胆膵内視鏡治療

胆道や膵臓の病気(胆石やがん)では、内視鏡による処置や治療(結石除去、ドレナージ、ステント)が欠かせません。当科では複数の専門医により年間400件を超える内視鏡治療が行われています。

消化器外科とのスムーズな連携

手術の必要な場合は、スムーズに消化器外科にバトンタッチできる体制としています。

緩和ケアを視野に入れた診療

悪性腫瘍で、手術などの積極的な治療が困難な場合は、痛みを和らげ、生活の質を重んじる緩和医療の精神を忘れずに診療をおこなっています。

PAGE TOP