脳神経血管内治療科

このページを印刷

メッセージ

脳血管内治療とは、カテーテルとよばれる細い管を使い、脳動脈瘤、頚動脈狭窄、脳動静脈奇形、硬膜動静脈瘻などの脳や脊髄の血管疾患を、切らずに治す新しい治療法です。一般的に、通常の開頭治療や外科治療と比較し開頭や切開が不要であるため、患者の負担が少なく安全性の高い治療です。そのため脳血管内治療は心臓や末梢血管の血管内治療と同様に、年々治療症例数が増加しています。しかし脳血管内治療には多くの特殊な機器と特別な技術が必要であり、どの施設でもどの医師でも安全に治療ができるわけではありません。また当然治療に伴う危険性もあります。

私たちは治療の適応(治療するべきかどうか)と方法(薬か外科治療か、それとも血管内治療か)の検討が最も重要であると考えています。一般的に、その疾患による症状がすでにある場合は積極的な治療が必要になりますが、偶然に発見され全く症状がない場合、治療すべきかどうかは十分な検討が必要です。私たち医師は患者を治したい、できれば自分で治したいと強く思います。しかしそれが最善の方法とは限りません。現在脳および脊髄の血管疾患に対しては、経過観察(禁煙や生活習慣を改善し経過をみる)、内科治療(薬による治療)、外科治療(手術による治療)、放射線治療(ガンマナイフなどによる治療)、そして血管内治療があります。その疾患の自然経過(何も治療しないとどれくらいの確率でどのようなことがおこるのか)と治療効果(どれくらいの危険でどのような効果があるのか)を考え、効果が危険性より高い最善の方法を選択すべきだと思います。

私たちの外来には、脳ドックや頭痛の検査で発見された未破裂脳動脈瘤の方が不安な気持ちを抱え来院されますが、破裂が切迫していることはほとんど無く、また多くの方はすぐに治療を行う必要はありません。「頭の中に爆弾が…..」と考える必要は全くないのです。他院で治療を勧められた場合でも、もう一度考え直した方がよいこともしばしばあります。ゆっくり時間をかけて、治療すべきかどうか、どの方法がよいか一緒に考えましょう。

扱う疾患

脳血管障害(脳卒中)は、動脈が破れて出血する(脳出血、くも膜下出血)、動脈が狭くなり詰まる(脳梗塞)の2パターンに分けられます。出血の主な原因として動脈硬化、脳動脈瘤、脳動静脈奇形/瘻があります。脳梗塞の主な原因として、動脈硬化や心臓からの塞栓があります。

未破裂脳動脈瘤

未破裂脳動脈瘤は、通常症状はみられません。大きい瘤や目の神経に接している瘤では、ものが二重に見える症状(複視)や視力障害が出ることがあります。脳動脈瘤はくも膜下出血の原因であり、将来破裂の危険性が高ければ、治療を考慮します。破裂の危険性は、年齢、大きさ、部位、形態より判断します。治療には血管内治療と開頭クリッピングがあります。コイル治療は脳深部のもの、入り口の狭い形のものに向きますが、ステントの併用により入り口の広い形のものも治療できるようになりました。根治が難しかった大型の動脈瘤に対しても血流改変ステント(フローダイバーター)留置術が行えるようになり、治療成績が向上しています。治療には1週間程度の入院が必要ですが、退院後の自宅安静は不要で、通常すぐに元の生活に戻れます。

未破裂脳動脈瘤に対するコイル塞栓術

未破裂脳動脈瘤

未破裂前交通動脈瘤に対し、ステント併用コイル塞栓術を行った。治療後、動脈瘤の完全閉塞が得られた。

大型脳動脈瘤に対する血流改変ステント(フローダイバーター)留置術

大型の未破裂左内頚動脈瘤に対し、フローダイバーター留置術を行なった。6ヶ月後には動脈瘤の血栓化閉塞が得られた。

大型多発の未破裂右内頚動脈瘤に対し、フローダイバーター留置術を行なった。6ヶ月後には全ての動脈瘤の血栓化閉塞が得られた。

くも膜下出血

くも膜下出血の多くは脳動脈瘤の破裂が原因です。突然の頭痛、嘔気で発症します。重症になると麻痺や意識障害を伴います。くも膜下出血では、再出血予防のための動脈瘤の処置を早急に行わなければなりません。治療方法は血管内治療と開頭クリッピングがあります。動脈瘤の部位、形態、年齢等から治療法を選択します。くも膜下出血では、動脈瘤の処置後も脳血管攣縮予防治療や水頭症治療などが必要であり、1ヶ月ほどの入院加療となります。その後自宅退院あるいはリハビリ施設への転院となります。

急性期脳梗塞

動脈硬化や心臓不整脈などの原因により、脳の動脈が詰まり、脳細胞が壊死してしまう疾患です。突然に起こる片側の手足や顔面の麻痺・しびれ、失語症(言葉が出ない)、呂律障害、視野障害、複視等がみられます。重症になると意識障害を伴います。脳梗塞では発症早期に治療を開始することが最も重要です。軽い症状、あるいは症状が一時的で回復した場合でも、すぐに病院を受診してください。発症急性期には、点滴で閉塞部の血栓を溶かすt-PA静注療法や血栓回収療法が可能です。血栓回収療法では、脳動脈の閉塞部分にカテーテルでアプローチし、詰まった血栓を取り除いて血管を再開通させる方法です。これにより、従来では寝たきりになってしまうような症状の重い患者さんでも、自立して自宅に戻れる可能性が約2.7倍まで増加したという大規模臨床試験の結果が出ています。治療・再開通の遅れにより患者さんの予後が悪くなることが報告されており、1分1秒でも可能な限り早い血管の開通が重要です。

中大脳動脈閉塞に対する血栓回収術

左上下肢の麻痺で発症した右中大脳動脈閉塞症例。原因は心房細動(不整脈)による心内血栓からの塞栓症と考えられた。ステント型回収器と吸引型回収カテーテルの併用で血栓は回収され、短時間で完全再開通が得られた。

頚動脈狭窄症・その他の脳血管狭窄症

頚部頚動脈狭窄症は脳梗塞の原因であり、基本は薬物による治療ですが、狭窄が高度な場合、血行再建治療が必要になります。血行再建の方法には、血管内治療であるステント留置術と外科治療である内膜剥離術があり、全身状態や血管の状態により、どちらの治療が適切かを判断します。ステント留置術では1週間程度の入院が必要ですが、退院後の自宅安静は不要で、通常すぐに元の生活に戻れます。

頭蓋内の脳動脈狭窄症についても、薬物による治療に抵抗性に病状が進行する場合には、バルーンによる血管拡張やステント留置術が行われます。入院期間は1週間程度です。

頚部頚動脈狭窄症に対するステント留置術

右頚部内頚動脈の無症候性高度狭窄病変に対し、ステント留置術を行い拡張が得られた。

脳動静脈奇形

脳動静脈奇形は脳の中にできる動脈と静脈の異常なつながり(動静脈シャント)で、頭痛やてんかん発作でみつかることがあります。また脳出血やくも膜下出血を起こして、麻痺や痺れ、言語障害、さらには意識障害となることもあります。すでに出血を経験している場合、未出血でも安全に根治が望めれば、出血予防のための治療を検討します。治療法には血管内治療、開頭摘出術、放射線治療があり、これらの最も安全で有効な組み合わせを考えます。脳動静脈奇形の安全な治療には高度な神経放射線学的知識と血管内治療の技術が必要になります。

脳動静脈奇形に対する塞栓術

左後頭葉の脳動静脈奇形に対し、左後大脳動脈から液体塞栓物質(NBCA)とコイルを用いた塞栓術を行い、ほぼ完全閉塞が得られた。この後、開頭摘出術が行われ、合併症なく全摘出が達成された。

硬膜動静脈瘻

硬膜動静脈瘻は脳を包む膜(硬膜)にできる動脈と静脈の異常なつながり(動静脈シャント)で、耳鳴りや眼症状(充血、むくみ、2つに見える)が初発症状として多くみられます。悪化すると脳出血やくも膜下出血を発症し、麻痺や痺れ、言語障害、さらには意識障害となることがあります。ほとんどの病変で血管内治療の適応となります。動脈あるいは静脈経由でカテーテルを病変部に誘導し、コイルや液体塞栓物資(Onyx, NBCA)を用いて動静脈シャントの閉塞を行います。安全で有効な治療には、高度な神経放射線学的知識と血管内治療の技術が必要になります。

硬膜動静脈瘻に対する経動脈的塞栓術

傍上矢状洞部硬膜洞静脈瘻に流入する中硬膜動脈にカテーテルを誘導し、液体塞栓物質Onyxを用いて塞栓術を行い、完全閉塞を得た。

脊髄動静脈奇形・動静脈瘻

脊髄動静脈奇形・動静脈瘻は脊髄にできる異常血管で、出血や静脈還流障害により、疼痛、しびれ、麻痺、尿失禁をおこします。症状がある場合や、出血を起こしていれば治療の適応になります。治療には血管内治療と外科治療がありますが、脊髄は高度な機能が集約されているため、安全な治療には高度な神経放射線学的知識と血管内治療の技術が必要になります。

脊髄動静脈奇形に対する塞栓術

腰痛と排尿障害で発症した脊髄動静脈奇形に対し、液体塞栓物質(NBCA)を用いた塞栓術を行い完全閉塞が得られた。

診療体制

脳神経血管内治療科の診療体制

虎の門病院脳神経血管内治療科は、脳血管内治療に特化した科として全国に先駆けて2002年に創設されました。これまで日本の脳血管内治療を牽引すべく、専門性高く、良質な医療を提供するよう努力してきました。

当科では、脳神経血管内治療指導医1名、血管内専門医2名が常勤しており、SCU(ストロークケアユニット)を完備しております。そのため急性期脳梗塞に対する血栓回収療法に常時対応可能です。また脳神経外科、神経内科とは脳卒中センターを設立し、脳卒中を24時間速やかにかつ専門的に治療できる体制を作っています。これら3科は常に協調し討論しながら、最善の治療法を提供します。

2013年4月からStroke Care Unitを開設し、脳卒中診療体勢をさらに強化しております。

PAGE TOP