脳神経内科

このページを印刷

メッセージ

入院では神経疾患の中でも救急疾患を中心に扱っています。脳神経内科のみならず脳神経外科・血管内治療科と密接な連携をとって最適な治療を提供できるような診療体制をとっています。外来では変性疾患、筋肉疾患、末梢神経疾患など幅広い疾患を扱っています。

扱う疾患

脳卒中超急性期を中心とする神経救急疾患を中心に診療していますが、脳神経内科疾患の広い領域をカバーしています。以下に代表的疾患を掲げます。

脳血管障害

突然に起こる意識障害・体の一方の運動麻痺や知覚異常・頭痛や吐き気も伴いやすい症状です。大脳の左半球では言葉の異常(失語症)もよくある症状です。
脳梗塞発症4.5時間以内で適正使用指針の基準を満たす患者さんの場合にはrtPA静注療法が行えます。当院には高い実績を誇る脳神経外科・脳神経血管内治療科があるため両科と密接に連携をとっており、内科治療・外科治療・カテーテル治療のいずれにも偏ることなく、必要な場合にはそのいずれも実施できる体制をとっています。
回復期や長期の療養に関して地域の医療機関との連携を重視しています。

パーキンソン病他の神経変性疾患

パーキンソン病ではふるえる、体がかたくなる、動きが遅いなどの症状がみられます。似た症状をしめすパーキンソン症候群と鑑別が必要です。抗パーキンソン薬にはさまざまな種類の薬剤があり、併用することで安定した効果をできるだけ長期にわたり維持できるように工夫していきます。パーキンソン病の知識が広まるとともに患者数も増加してきています。専門医の的確な治療を受けることが重要です。その他脊髄小脳変性症等の神経変性疾患にも対応しています。

神経筋疾患

重症筋無力症、多発筋炎・皮膚筋炎、ギランバレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発根神経炎(CIDP)、筋ジストロフィー症など多くの症例経験があります。

脱髄性疾患

多発性硬化症(MS)、視神経脊髄炎(NMO)などの脱髄性疾患も多くの経験があります。MSとNMOの鑑別は治療薬の選択の上でもきわめて重要です。

診療体制

本院は常勤医6名(1名はリハビリテーション科)、非常勤医3名の医師で診療にあたっています。

関連リンク

PAGE TOP