脳神経外科

このページを印刷

メッセージ

病気が告げられ、セカンドオピニオンを求めたいと思われたら、遠慮せずにご相談ください。 患者さんとのコミュニケーションを大切にし、古い歴史の中で培ってきた臨床経験とともに新しい知見を加え最良の医療を提供できるよう心がけています。
当科は、無症候性の頚部頚動脈狭窄を有する患者さんを対象とした「無症候性頚動脈狭窄症の自然経過と治療成績に関する観察研究」(循環器病委託研究20公-1)に参加しております。この研究は、無症候性頚動脈狭窄症の自然経過、内科的治療(抗血小板療法など)、外科的治療(頚動脈内膜剥離術あるいはステント留置術)を行った場合の我が国における治療成績を明らかにするための多施設共同前向き観察研究です。

扱う疾患

脳血管障害(くも膜下出血、脳動脈瘤、脳出血、脳梗塞)、 脳腫瘍(聴神経腫瘍、髄膜腫、その他の頭蓋底腫瘍、下垂体腫瘍、神経膠腫など)、 頭部外傷、 顔面痙攣、三叉神経痛、 予防医学として脳ドック

PAGE TOP