呼吸器センター内科

このページを印刷

メッセージ

当科ではあらゆる呼吸器疾患に対して呼吸器指導医および専門医が一つとなって、患者さんと家族の希望を伺いつつ、最良の診療を行うことを目指しています。

扱う疾患

当科で扱う疾患は、呼吸器系(肺、気管支、胸膜)の病気です。具体的には以下のようなさまざまな病気を扱っています。

腫瘍性疾患

肺がん(非小細胞肺癌、小細胞肺癌)、縦隔腫瘍(胸腺腫など)、その他の腫瘍

感染症

肺炎、肺膿瘍、胸膜炎、膿胸、肺結核、非結核性抗酸菌症、肺真菌症など

びまん性肺疾患

間質性肺炎、サルコイドーシス、過敏性肺炎、石綿肺など

慢性閉塞性肺疾患
(COPD)

肺気腫、慢性気管支炎

気道系疾患

気管支喘息、咳喘息、びまん性汎細気管支炎、気管支拡張症など

胸膜疾患

気胸、胸膜中皮腫など

循環障害

肺高血圧症、肺血栓塞栓症、肺動静脈瘻など

稀な疾患

肺リンパ脈管筋腫症、肺ランゲルハンス細胞組織球症、肺胞蛋白症など

これらの病気により低酸素血症あるいは高炭酸ガス血症を来した状態が呼吸不全で、経過が1ヶ月未満の急性呼吸不全と1ヶ月以上の慢性呼吸不全に分類されます。当科では急性および慢性呼吸不全の患者さんも、その病態に応じた治療を行っています。

診療体制

当科のスタッフは部長1名、医長1名、医員8名で診療しており、分院呼吸器内科と一体となって診察しています。呼吸器疾患は、肺がん、肺炎、間質性肺炎、肺気腫、気管支喘息など多彩ですが、われわれはいずれの病気に対しても、患者さんの立場に立って、専門的な診療を行っています。

診断的検査

気管支鏡検査とCTガイド下生検は当科で行っています。気管支鏡検査では、静脈麻酔を用い、患者さんに苦痛の少ない検査を心掛けています。最近、超音波気管支鏡が導入され、より診断精度が向上しています。CTガイド下生検は、年間100件以上が施行され、病気の診断に役立っています。

呼吸器センター外科との連携

当科は呼吸器センター外科と密接に連携しており、手術が必要な場合には、速やかに実施できる体制になっています。

緩和ケアの充実

進行期の肺がん患者さんに対しては、早期から痛みなどの症状を和らげる緩和ケアを、がんサポートチームとともに行っています。

関連リンク

PAGE TOP