リウマチ膠原病科

このページを印刷

メッセージ

膠原病はもとより、リウマチも全身疾患としての診断、診療が必須です。どんな些細な症状もご相談いただき、膠原病の早期発見、早期管理が重要です。

扱う疾患

リウマチ膠原病疾患全般について扱っております。
関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症、多発性筋炎/皮膚筋炎、混合性結合組織病、抗リン脂質抗体症候群、シェーグレン症候群、ウェゲナー肉芽腫・ANCA関連血管炎などの各種血管炎、リウマチ性多発筋痛症、成人スティル病、ベーチェット病、サルコイドーシス、家族性地中海熱、その他自己免疫疾患、骨粗鬆症、透析患者に伴う骨関節炎、骨軟化症など

診療体制

当院は、日本リウマチ学会の教育施設に認定されており、リウマチ専門医、指導医による専門的な診療を行なっております。
関節リウマチは、様々な関節の腫れや痛みを来たし、放置すると関節が破壊されてしまう病気です。関節破壊の少ない早期に診断し、早期に治療を開始するのが基本です。また、関節リウマチなどの自己免疫疾患は、関節病変のみならず、心臓、肺、腎臓、消化管、神経などの全身臓器に合併症を来たします。関節炎の治療だけでなく、こうした合併症の検索、治療がとても重要です。当院には、十分な検査機器、診療体制が揃っております。当科医師は腎センター内科医師も兼任しており、腎疾患などの合併症についても、専門的な治療が行えます。
関節リウマチなどの膠原病に対しては、現在は使用できる薬剤が非常に豊富にあり、従来の抗リウマチ薬では十分に効果がなくても、新しい薬剤を使うことで、痛みから解放され、関節破壊を抑えられた方が多くいらっしゃいます。特に、生物学的製剤は高価ではありますが、高い治療効果が見られます。しかし、新しい薬剤には、重篤な副作用もあり、常に副作用に注意しながら、投与する必要があります。我々は、十分な経験を元に、生物学的製剤や免疫抑制剤を含む積極的な治療を行なっております。

PAGE TOP