輸血部

このページを印刷

メッセージ

当院は造血幹細胞移植などの先進医療を積極的に実施しているために輸血用血液製剤の使用量が多いのが特徴です。そのため、院内の輸血管理体制の整備には特に力を入れており、安全で適正な輸血療法を目指しています。また、当院では貯血式自己血輸血を推進していますので、全身状態がよく、貧血のない待機的手術予定の方は、積極的に自己血輸血療法の希望を申し出てください。

扱う疾患

輸血部では、輸血用血液製剤の管理(出入庫)、血液製剤使用前の検査、造血幹細胞の凍結保存・管理、臍帯血の保管などを行っています。

  • 輸血用血液製剤の管理
    コンピューターシステムによる輸血用血液製剤の管理や厳しく温度管理された保冷庫での保管
  • 血液製剤使用前の検査
    血液型検査(ABO式、Rh式など)
    交差適合試験、抗体スクリーニング、不規則抗体同定検査
  • 輸血用血液製剤の放射線照射(顆粒球輸血時の放射線照射も含む)
  • 貯血式自己血輸血の採取・保管(冷凍式・冷蔵式)・管理
  • 全自己フィブリン糊調製装置を用いた自己フィブリン糊の作製・保管
  • 造血幹細胞の処理・凍結保存・管理
  • その他
    CD34陽性細胞測定、DLI(ドナーリンパ球輸注術)細胞の保存・管理、血小板洗浄術
PAGE TOP