消化器外科(上部消化管)

このページを印刷

メッセージ

消化器外科(上部消化管)では、食道癌、胃癌、食道アカラシア、食道裂孔ヘルニア、胃食道逆流症などを中心とした、上部消化管の悪性疾患、良性疾患に対する外科治療を主に担当します。食物を口から摂取することだけでなく、呼吸をすること、発声をすることとも深く関わった重要な分野です。

この分野では、経口内視鏡による治療、化学療法(抗癌剤治療)や放射線治療などの手術以外の治療も重要で、すべてを組み合わせて総合的に、そして個々の患者さんにあわせて個別的に治療を組み立ててゆかなければなりません。私たちは消化器内科、臨床腫瘍科、放射線科、耳鼻咽喉科、病理診断科などとも協力をしあって、これら疾患の治療に取り組んでいます。

胸腔鏡や腹腔鏡を使ったいわゆる鏡視下手術も積極的に導入し、食道癌・胃癌ともに半数を超える割合で鏡視下手術を実施しています。治癒が難しい段階の場合、症状改善やQOL向上を目指した治療にも、外科医として貢献できる点はないかと、いつも考えています。

扱う疾患

悪性疾患

食道癌

治療の様子

多くはお酒、タバコと関連が深い病気ですが、この様な要因のない方でも起こります。ごく早い時期に見つかれば内視鏡治療で治せますが、その時期を過ぎると、広い範囲に転移をする可能性があり、そのことを考慮した治療が必要です。化学療法や放射線治療の専門家とも定期的にカンファレンスを持って、個々の患者さんの治療法を検討しています。常に根治性の高い手術を目指していますが、同時に(術前放射線治療が行われていなければ)胸腔鏡手術を第一選択としており、再建法にも、術後QOLを重視した工夫を加えています。

食道・胃接合部癌

食道癌と胃癌両方の性質を併せ持っていますので両者のバランスを考えた治療が必要です。食道癌、胃癌両方の専門チームとして、最も妥当な治療法は何かを常に考慮し、治療に当たっています。

胃癌

ピロリ菌感染の減少とともにゆっくり減少していますが、まだまだ日本人には多い重要な病気です。治療体系の標準化が進んでいますが、切除範囲、再建法などに施設により多少の違いがあります。なるべく術後機能を重視した術式を心がけています。早期癌と術前診断されれば、腹腔鏡手術を第一選択としています。より進行した病変には、術前・術後の化学療法も積極的に取り入れて治療成績の向上に努めています。

胃GIST

悪性疾患の仲間ですが、取り残しなく取れれば、一般に治療経過のよい病気です。ほとんど腹腔鏡手術で治療が行われます。内科による内視鏡治療と同時に協力して行うLECSも積極的に行っています。

良性疾患

食道アカラシア

腹腔鏡手術の成績が良好ですので、比較的早い段階から、手術をお勧めしています。

食道裂孔ヘルニア、胃食道逆流症

まずは内科的治療を行いますが、難治性の場合や症状の強い場合、腹腔鏡手術を行います。
そのほか、消化管穿孔による腹膜炎、腸閉塞症、鼠徑ヘルニア、虫垂炎などの診療も行っており、緊急手術にも迅速に対応しています。

診療体制

宇田川部長、上野医長のほか、3~4人のスタッフと8名前後のレジデント、研修医でチームを組んで診療にあたります。

PAGE TOP