お知らせこのページを印刷

患者さん(一般の方)医療関係者の方

2014.04.01
「卒後臨床研修評価機構」からの認定が更新されました

厚生労働省の定める医師臨床研修に関して「卒後臨床研修評価機構」からの認定が2014年4月1日付で更新されました。

 

卒後臨床研修評価機構から認定を受けました

 当院は2008年4月1日付で第三者機関である卒後臨床研修評価機構から臨床研修病院としての認定を受けました。これ は2007年度から開始されたもので、当院は全国で35番目、東京都では6番目の認定です。この認定は当院の医師臨床研修の質を客観的に評価するものです。

 

虎の門病院における研修医教育の歴史

 虎の門病院では1960年代より一貫して、医師の卒後臨床研修を行ってまいりました。当院では病院設立間もない時期から、「病棟医(レジデント)制度」を設け、若手医師の臨床教育を中・長期的な視野に立ち実施しております。

 

新しい医師臨床研修について

 2004年度より卒後2年間の医師臨床研修は義務化(必修化)され、全ての医師が定められた制度に従って、専門診療科 に限定されない幅広い臨床研修を受けることになっております。当院におきましても、同年4月より新しい医師臨床研修を提供する「管理型病院」として、いく つかの医療施設と連携をとりつつ研修が実施されております。
 当院における従来の研修医教育と現行制度との違いは、全ての医師が必修診療科(内 科、外科、小児科、産婦人科、精神科、救急、地域医療)を2年間に研修する点にあります。そのため、各科における研修は1-2ヶ月の短期間となっておりま す。また、各研修医の専攻志望とは関係なく、多くの診療科で研修を受けることになります。
 この制度は、全ての医師が基本的な診療能力を幅広く身に付けることを目的としており、これは多くの国民が医師の臨床研修に求めるものであると理解しております。当院では、このような制度のもとで全ての研修医が日夜診療に携わっていることをご理解いただきたいと思います。

 

当院の医師臨床研修に関するご意見を歓迎いたします

 当院では医師臨床研修の質を向上させるため、冒頭に述べたように第三者機関からの評価を受けるなど日々努力しておりま す。当院における医師臨床研修の実態に関してお気付きになられたことがございましたら、医療連携部までご意見をお寄せ下さい。医療従事者の皆様からのご意 見も承っております。お寄せ頂いたご意見は、院内の医学教育部および研修管理委員会において検討させていただき、当院の医師臨床研修の向上に役立てていき たいと考えております。

 

 

医学教育部長 竹内靖博

 

お知らせ 一覧へ戻る

  • 看護師・助産師の募集について
  • 病院職員募集
  • 医学教育部 医学生・研修医の方へ
  • 人間ドック
  • 公開講座開催のご案内
  • 患者さん向け広報誌「とらのもん」
  • 臨床指標(クリニカル・インディケーター)
  • 総合相談センターのご紹介
  • 虎の門病院ネットワーク医師のご紹介