糖尿病・代謝科

このページを印刷

メッセージ

糖尿病は症状がないからといって放置しておくと、知らぬ間に合併症が進行していることがあります。健診などで血糖値が高いと指摘された場合や、今の治療を見直してもっと良くなりたいとお悩みの方はご相談ください。

扱う疾患

糖尿病、脂質異常症(高LDL血症、高中性脂肪血症)、高尿酸血症などの診療を主に担当しています。その他低血糖症や他の疾患による耐糖能異常の原因検索や治療も行っています。教育入院の期間は個々の患者さんの御希望に応じて対応致します。
また、糖尿病を中心とした食事療法の指導を栄養部と協力して行っています。
糖尿病は時に悪性疾患や内分泌疾患により悪化していることがありますので、高血糖の原因精査を行うこともあります。

診療体制

当科では糖尿病の治療全般、特にインスリンや内服を含めた治療を積極的に行っております。1型糖尿病、2型糖尿病、生活習慣病のほか、別の疾患の加療に伴い糖尿病を併発した患者さんなど、個々の方々の背景を考えながら最善の治療を提供しております。コントロールが困難な場合は血糖持続モニタリングで精査することもあります。

  • 入院

    糖尿病の教育入院の他、手術や他科での治療目的に入院中の患者さんの糖尿病治療を専門的立場でサポートします。

  • 外来

    毎日常勤医が外来診療にあたっています。糖尿病のほか一部の内分泌疾患で内服加療をしている方が通院されています。

  • 糖尿病外来は毎日対応していますが時間については外来受付へご確認ください。
  • 内分泌疾患での通院は曜日が決まっておりますので、外来受付へお問い合わせください。
PAGE TOP