消化器内科

このページを印刷

メッセージ

消化管疾患、特に早期胃癌・大腸癌に対する内視鏡的治療に力を入れています。また地域の患者様、クリニックからのご要望の高い疾患について専門的な診療を行っています。

扱う疾患

消化管全般に生ずる良性・悪性疾患の診療を行っています。
上部消化管では早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、胃・十二指腸潰瘍出血に対する内視鏡的止血術、ヘリコバクター・ピロリ除菌治療(三次除菌を含む)などを行っています。
下部消化管では早期大腸癌に対するESD、急性腸炎、腸閉塞、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)などの診療を行っています。

診療体制

内視鏡検査室、放射線診断科、腹部超音波検査室などの検査部門と連携することで円滑な診療を行っています。また病状に応じて消化器外科、肝臓内科、内科総合診療科と連携して診療を行っています。

PAGE TOP