血液内科

このページを印刷

扱う疾患

悪性血液疾患(血液のがん)

急性白血病、慢性白血病、悪性リンパ腫、骨髄異形成症候群、多発性骨髄腫、成人T細胞白血病(ATL) 、など

良性血液・内科疾患

貧血全般(再生不良性貧血、汎血球減少症、溶血性貧血など)、血小板減少症(ITP)、白血球減少症、リンパ節腫脹、不明熱、など

診療体制

2010年2月に開設された血液内科です。科としての歴史はまだまだ浅いですが、血液内科医として長く経験を積んだスタッフが、梶ヶ谷の静かな環境の中で、標準的治療を柱に、といって必ずしも既存の治療法にとらわれず、患者さん一人一人に満足していただける治療法を考えていきたいと思っています。化学療法、支持療法、造血幹細胞移植療法など、さまざまな治療法の中から患者さんの状態やご希望に沿った治療法を選択していくつもりです。本院血液内科からの協診医も含めた患者カンファレンスも定期的に行っています。
虎の門病院本院血液内科や関連科である三宿病院血液内科をはじめとした近隣医療施設とも連携しながら、全ての血液疾患患者さんに対応できる体制を整えています。川崎市など神奈川県東部の患者さんを念頭に、地域の血液疾患治療施設の中核のひとつとなることを目指しています。

関連リンク

PAGE TOP