ナースとして、自身の成長を実感できます。

1958年の開院以来、「患者さん中心の看護」を掲げる虎の門病院看護部では、一人のナースが一人の患者さんを一貫してケアする「プライマリ・ナーシング」を採用しています。患者さんにとっては「どんなことでもこの人に相談すればいい。この人が責任を持って対応してくれる」と思っていただけるため、満足感と安心感が高まるのです。したがって、当院を志す皆さんも、「患者さんのために尽くしたい、看護したい」という純粋な気持ちをもつ方であってほしいと思います。 将来を担う世代を育成していくためのもう一つの仕組みが「看護管理者のコンピテンシーモデル」です。これは、成果を上げている看護管理者の行動にはどんな特性があるかを“見える化”したもので、成果につながる行動モデルが6 段階に文章化されています。看護管理者には、このモデルを基準に自分の実践にどんな意味があったかを考えて、文章にまとめ、ディスカッションしてもらいます。
副院長・看護部超 宗村美江子
虎の門病院 副院長・看護部長 宗村 美江子
当院の教育には、このように日々の看護で得た貴重な体験を立ち止まって振り返り、実践のための知識として蓄えていくという、ナースの成長には欠かせない貴重な機会が組み込まれています。 プライマリ・ナースは、ときに患者さんの思いを代弁して医師や周囲に伝える存在でもあります。だからこそ、きちんと自分の言葉で自分の考えを表現できる人であってほしい。患者さんにとって何が一番かを理解して、それについてしっかりとディスカッションできることがとても重要になります。それも、「患者さん中心の看護」を実現するために必要な資質です。同じ考えのもとで、ナースとして自分を成長させていきたいと思われている方は、ぜひ当院でともに患者さんと向き合いましょう。私たちは、その思いをかなえる職場環境を用意しています。心からそれを実感できる毎日をここで送ってください。