患者さんを支える多職種チーム

患者さんに高度な医療を安全かつ適切に提供できるようにするため、多職種のチームで関わるのは重要なことです。
様々な職種が連携して一人の患者さんに関わることで、患者さんが外来から入院、そして退院して社会に戻る過程を、幅広い視点で援助できるようになります。

チーム医療の目的

患者さん中心の看護を実現するための看護方式。一人一人の患者さんの看護を、プライマリ・ナースが親身に、責任を持って展開し、患者さんへ質の高いケアや満足感をもたらしています。
同時に、ナースの責任感や実践能力、職務満足度も向上します。

患者さんを支える多職種チーム患者さんを支える多職種チーム

多職種カンファレンス

多職種カンファレンスを頻繁に実施し、チームメンバー間の情報共有や教育の機会としています。看護師の視点からの意見は、患者さんへの医療を治療中心から全人的な関わりに導いています。

多職種チーム

感染対策チーム、褥瘡予防対策チーム、栄養サポートチーム、人工呼吸器サポートチーム、がんサポートチーム、周産期ミーティング等

その他

病棟薬剤師の配置、時間外診療報告会議、高齢者総合診療部、地域医療連携、看護補助者との連携等