着実にキャリアを向上させていく仕組みがあります。

キャリアラダー

看護部の「教育構想」に基づいて、はしご(ラダー)をのぼるように着実にキャリアを向上させていく仕組みが「キャリアラダー」です。

次のステップが明確なので、目標を立てやすく、効果的にスキルアップできます。成長するにつれ、活動の幅が広がったり深くなったりするため、仕事のやりがいも増えていきます。この仕組みを活用して、臨床実践能力、組織的役割遂行能力、教育・研究能力を発展させ、一人一人が専門職として成長するのを応援しています。

キャリアラダー

インタビュー

ラダーIをクリアしたときは、達成感と同時に、ラダーIIを視野にさらなる向上心がわき上がってきました。
「病気があっても自分らしく生きられています。ここに来てよかった」という言葉を患者さんからいただいて以来、その人らしさを理解して看護に生かす大切さを改めて実感し、仕事に大きなやりがいを感じています。

高橋 泰子

高橋

ラダーIIクリアに向けて、プリセプターシップコースの受講、業務改善、事例検討会などに取り組んでいます。 以前は自分の看護観が定まらないこともありましたが、プライマリ・ナーシング入門コース修了後は自分のやるべきことが明確になり、その時々の気分に流されることなく、「軸」を持って仕事ができるようになりました。

吉田 啓

吉田