2015年入職 石川 美緒看護師

「その患者さんらしさ」を
大切にしたい

毎日の看護実践の中で様々なことを学んでいます。プライマリ患者さんの看護計画や関わり方で悩んだときには、日々行われているカンファレンスで皆に相談して、「その患者さんらしさ」を大切にした関わりや看護のあり方を教えてもらっています。プライマリ・ナースとして患者さんが名前を覚えて下さって、頼りにしてもらえるのはとてもうれしい事です。 仕事に少しずつ慣れてくると、重症患者さんも受け持つようになりました。患者さんの急変に遭遇するなど、大変な思いをすることもあります。そんな時は先輩がその場で助けてくれて、後で落ち着いたタイミングでフィードバックして下さいます。私の場合「やることが重なった時には、もっとヘルプを求めてもいいんだよ」とアドバイスいただきました。先輩たちは日々、仕事に関するいろいろなアドバイスを下さいます。

同期の看護師たちは、仕事の悩みや喜びを分かち合える頼もしい仲間です。仕事帰りなどによく一緒に食事をしに出かけます。先輩たちも明るく、とくに私が新人の時にプリセプターだった先輩は、今でもよく声をかけて励まして下さいます。素敵な同僚に恵まれています。
患者さんが笑顔で退院していくのを見ると、看護師としてその人の回復に役立てたと思い、やりがいを感じます。一方、入院が長期になっている患者さんとの会話の中でも「入院した日に受け持ってくれたのが長峰さんでしたよね。その時の初心に戻って治療を受けていきたい」と言われたりして、はっとする場面があります。「自分の家族を安心して入院させることのできる病院」を当院は目指していますが、その実現のため、患者さん一人一人のことを深く考えてかかわっていきたいと思います。

長峰 美緒