感染対策に関するスペシャリストナース

丸山 俊一郎感染症看護専門看護師

感染対策は病院全体にとって重要な課題です。看護部のみならず、関連するすべての部門と連携をとりながら、感染対策の実践、教育、コンサルテーション、疫学調査、研究活動等を行っています。

感染対策に関するスペシャリストナース

  • インフェクションコントロールナース
    (感染制御学博士課程修了)
  • 感染症看護専門看護師 
  • 感染管理認定看護師

活動レポート

私は、MRSAを保菌している患者さんからの「ばい菌扱いされているようでつらい」という言葉を聞いて、ハッとしました。病原菌が「悪者」であることは確かですが、病原菌を抱えた患者さんは「悪者」ではないのです。そして、「感染対策を万全に行うことはもちろんとして、保菌者の立場を思いやれる存在になりたい」と考えたことから、感染症看護専門看護師を目指すようになりました。
感染症は、病原微生物が目には見えないことや、人から人へ伝播する可能性があるという特徴から、人によって考え方や対応に差が生じやすい疾患です。病院や地域社会では、この「差」があることにより、不安や混乱がもたらされることも少なくありません。この「差」を理解し、それをできるだけ埋めるように働きかけていくことが、感染症看護専門看護師の重要な役割の一つだと考えています。リスクを必要以上に恐れて過剰な対策を講じることも、リスクを過少に見積もって対策が不足することも問題です。「過不足のない感染対策」の実現に向けて、日々頑張っています。
丸山 俊一郎

活動の具体例

・病原微生物の検出状況の把握 ・感染経路別予防策の指示 ・各部署からの相談対応 ・アウトブレイク時の対応 ・職員への感染対策及び予防に関する教育 ・委託業者への研修 ・廃棄物、空調など施設設備面のマネジメント ・針刺し切創、皮膚粘膜曝露対策の実施 ・院内感染対策マニュアルの整備と周知 ・感染対策委員会はじめ、様々な関連会議の運営

その他のスペシャリストナースインタビュー

Specialist がん領域

長谷川 久巳
がん看護専門看護師 長谷川 久巳

Specialist 慢性期・急性期等

林田由美子
精神看護専門看護師 林田由美子